この片

どうもカワイです。

新緑の季節。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日ようやく『この世界の片隅に』を観ました。

公開されたのが昨年の11月になるのでもう半年経つんですね。

観よう観ようと思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず…

 

噂通りとてもとても良い作品でした。

 

戦争の映画だと思っていたのですが(それこそ、はだしのゲンや火垂るの墓のようなものを想像していました)、あくまで日常の映画でした。

主人公・すずの柔らかでマイペースな雰囲気が物語全体を覆っていて、生活必需品が足りない中工夫しながら生きていく姿は愛らしく、戦争に対する認識が少し変わりました。

リンや鬼いちゃんの存在なども物語に深みを与えておりました。

あの絵のタッチでのキスシーンは妙なエロスがあります。

 

終戦を迎え、失くしたもの・残されたもの、それぞれに大きな傷跡を残しましたが、それでも生きていくんですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近は見たい映画結構あるのでまた見れたらいいな…。

ではまた。

 

 


コメントは受け付けていません。