勝手にキャラクターをつけないこと。

先日15日、我々の2回目となるワンマンライブを終えました。

駆けつけてくれた皆さん、どうもありがとう。

終わってみて、たぶん毎回ツアーを終える度に思っているだろうけど、
満足感というよりは、 「あーあ」 感の要素が強い。

終わったことに対して、感傷に浸るような傾向は持ち合わせないものの、
あーあ、もう終わっちまった。と、さみしい気持ちが、今回は珍しくまだ少し残る。

これに関しては、寒くなっている気温も手伝ってのものではなかろうか、と思う。

 

 

 

そういえば、ワンマンの2日前に、思い切り風邪を引いた。
結果的には、当日には完治させていたので、実はつらかったアピールでは当然ない。

 
「風邪は、引きやすいのはいけないけれど、ある程度の周期で引く事で、免疫を更新し、それによって大病を患うことを回避しているのだから、たまにはくらうべしよ」 

 

という父の教えを、忠実に守り抜いてきたかどうか、は不明ですが、
これまでは、不思議と決まって正月休みに、きちんと年に1回、風邪をいただいておりました。

つまり自分は、新年に、これから始まる1年を生き抜くための丈夫な体を、免疫を、
休めるときに構築しているのだ、もはやそうしたサイクルを獲得しているのだ、と、
正月に寝込んで衰弱しながらも、前向きに捉えていたように思います。
若干、にやついていたかも知れません。

 

しかし今年は、ふとこれが1ヶ月ほど前倒しでやってきてしまった。

これはどういうことだ。

 

 

1.今年の始めも例外なく、風邪を引いていたが、その際のウイルスだかなんだか知らないけど、そいつが軟弱で、完璧な体は手に入れられてなかった説。

2.盤石な肉体ではあったものの、それを上回る強力なやつ、もしくは新種の猛威説。

3.そんなつもりないけど、当時、思いの外オーバーワークしていた説。

4.1ヶ月程度の差は誤差の範囲内説。

 

 

 

 

 

4です。

よって、少し早めに丈夫な体を手に入れている事になるので、
どんどん寒くなるけど負けずに、次に向かって進む事にしようと思う。

またお知らせします。

この、後半につれて明らかに雑になっていくブログ、をどうかお許しください。

 

The sentence remains the same…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です