推敲しないでみよう。

前回のエントリーから、ずいぶんと間が空いてしまいました。

でも、以前の記事で書いた、投稿が遠のく悪循環に再び陥ったわけではありません。

 

 

ドキドキのリリース日を迎え、
販売店に挨拶をしたり、オンラインストアの在庫状況が変動していたりと、
我々の初めての作品を、皆さんが手にとっている実感を得て、
さらに聞いてもらっていることを想像したら、
ブログに書くことなんてないなあ、と思ったのでした。

 

 

 

漠然。

 

 

まあそうした期間もそろそろよいだろう、ということで、
このエントリーです。

 

さて、リリースして、初めてのツアーが始まります。
ライブ自体、少し久しぶりになってしまいました。

 

とても楽しみ。
移動も楽しみ。物販も楽しみ。リハも楽しみ。
はっと、搬出は少しめんどくさいと思ったけど、忘れる。

 

 

どんな日になるだろう。

ぼくらはミュージシャンです。

 

 

最近、恥ずかしげもなく、このようなフレーズを使いがち。
しかし、ライブをするに当たり、なんだか言いたくなりました。

楽しみにしていてください。

The sentence remains the same…

2 thoughts on “推敲しないでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です