甘党とはいえ。

 

公式のツイッターをご覧の方は、ご存知かと思いますが、
先日お伝えした、なにかしらのカウントダウンが、事情により停滞しております。

理由としては、これも前回のエントリーで触れましたが、
少しバタバタが過ぎた、といったところでしょうか。

ご心配をおかけして、申し訳ない。
とはいえ、近いうちに再開できる運びなので、
もうしばらく、この名ばかりのカウントダウンにお付き合いくださいませ。

 

 

なんだか陰鬱な雰囲気の文章になってしまった、なあ。
気分としては、そんな事ないんだけど、
内容として、お詫びも兼ねているので、仕方のない事とも思う。

耐えられない方は、お手数ですが、明るく音読ください!

 

 

多くの人がそうであると思いますが、ぼくもまた、
ブログやツイッターで、ネガティブな言葉を綴る事は避けています。

それは、正直に、だとか、ありのままを、だとか、
そういうフレーズの裏にあるかも知れない、甘えを好かないからです。

こう書くと、ずいぶんにストイックな見栄えがするものですが、
単純に、つまらない文章だと思うからです。
いとをかし くない。

 

 

そういう意味では、あまり喜ばしい内容とも言えないこの投稿でも、
ネガティブなつもりではないから、公開しています、よ。

 

 

早くお知らせしたい気持ちが募ります。

そして、コメントをくださる方、どうもありがとう。
うれしく拝読しています。

The sentence remains the same…

甘党とはいえ。” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です