プレゼン下手はわたし。

まったくもって、なんとも説教くさい内容しか書けず、
新規投稿を下書きに保存しまくっていたら、
あれよと言う間にひと月放置してしまった。

 

いろんな発表がありました。

何より、新しい作品のお知らせ。
「yonk」という、ぼくらの3枚目のミニアルバム。
“ヨンク”と読みます。

どういう作品なのか、言葉で説明することはなかなか難しいけれど、
出来るだけ素直に、あまりプレゼンという要素を意識しないで書いてみよう。

 

このサードミニアルバムには、
バンドが始まってすぐに作った曲、セカンドミニ制作時にできた曲、
そして、今回制作時に合わせて作った、ごく最近の曲までが、ないまぜに収録されています。

これは地味ながら、一番の特徴だと思う。

今までの作品には、曲がりなりにも、ぼくたちなりに、
コンセプトとか、狙いとか言われるものを、自分たちで捻出して、
過去2作とも、それぞれの方向性に沿って、制作しております。

そういう意味で、今回の制作に当たって、
このバンドにできること、やるべきこと、次作の目論みみたいなものを考えてみて、

今までとは違って、ごちゃごちゃ細かいことを忘れて作りたい、
戦略とか、マーケティングとか、もともと我々には似つかわしくないし、
まあちょっと分かりづらくなる事を承知で、あえて言いますが、
そういう”頭でっかちをしないこと”をコンセプトに作った、と言えるかも知れません。

 

これはぼく個人の見解ですが、
そういうシステマティックな制作を、バンドがしていちゃいけないなあと思ったんです。つまらないよ。
当然、善し悪しがあることも分かっているつもりだけど、ぼくにとっては、それではバンドをやる意味がない。

 

やりたいことやりました、好きなこと以外やりませんって、
そういう風な言い方もできてしまうけれど、
やるべきこと、自分なりに社会にコミットする為に、どうすればいいか、バンドの中で何をなすか、
そういう理想に近づく為の一つの布石と思ってます、「yonk」。

 

なんか話が飛躍してしまいました。夜書いたから。

結局、説教くさいというか、完全に理屈っぽくなってしまった上、
誤解を招きかねない内容なので、またお蔵入りがよぎりましたが、
たまには生かしておこう。

 

こんな話を聞いて、興味がわくかどうかは全然わからないけど、
総じて、つかみ所のない、摩訶不思議な作品に聞こえるかも知れません。
発売を楽しみにしてもらえたら、うれしいです。

 

The sentence remains the same…

 

まんじゅううまい。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、だいぶ遅れた新年の挨拶になってしまった事は自覚しつつも、
そこには触れずに進めていこうと思う。

 

 

ツイッターなどで、既にお知らせしておりますが、
T.S.R.T.Sは現在、レコーディング作業の只中にあります。

「CAMP」の録音から、半年以上が経ち、
レコーディング自体も久しぶり、新鮮な心持ちでメンバー一同、制作に勤しんでおります。

 

ぼくは元より、レコーディングが嫌いでありまして、
当然、新しい曲たちが高いクオリティで録音されていく行程には、喜びを感じながらも、これはどうしてか、と粗雑に申しますと、

 

 

 

まじ大変、これに尽きます。

実質的には、ある程度、録音していく行程というものは明確にあるのですが、
やはり繊細な作業であり、その上、時間の制限があることもあり、
なんだか期間中は、あくせくしてしまい、 気が休まらない。

 

一方で、ボーカルの鴇崎さんはレコーディング大好き、とのことで、
大変うらやましく思います。

 

そういう意味で、ぼくらの作品には、
LOVEとHATEが、録音行程の中で、余分に足されていることになります。
とはいえ、嫌々ながら、死んだような面持ちでプレイしたものが録音されているわけではないので、ご安心を。
ファニーなメンバーとスタッフで制作しております。

 

 

今回、録音した作品が、
春の会場限定盤として販売する、新曲6曲収録、
2nd mini album「No political」です。

タイトルに関しては、少しシリアスに感じるかも知れませんが、
あれこれ想像してもらえたら本望です。

お楽しみに。 きっと楽しんでもらえる作品になります。

The sentence remains the same,,,

あいつを一旦待たせて書く。

さて、さっそく前回の続きを、と行きたいところですが、
やはり、バンドの動きをそっちのけにしては、筆が進まないようなので、
まずはスタッフ日記の要素から。

 
先週、”わたしのテントにおいでよツアー”名古屋編、同じく大阪編、と廻って参りました。

言葉が足りないかも知れませんが、やっぱり、とても楽しかったです。
会場に足を運んでくださった方、本当にどうもありがとうございました。

 

 

 

「楽しい計画」は、皆さんなくして達成することは出来ません。

 

これにて、”わたしのテントにおいでよツアー”として発表されていた3本は終了しました。

 

大阪でのMCでもありましたが、奇しくも、8月の終わりと共に最後を迎えたせいか、もしくは、大阪公演後に打ち上げが出来なかったせいか、
なんだか遊び足りない気持ちにもなるのだけれど、

そんな想いを晴らすべく、というか、3本くらいでは当然もの足りないので、

 

11月に、ツアーファイナルの要素も含みつつ、東京にて、
初の自主企画 “SOUP” を開催します。

それまでにも、都内でライブがありますが、
勝手ながら、それらは わたテンツアー”extra” というような心積もりで、ライブしたいと思っています。

 

 

CAMPの終わりを、SOUPで締める。

ゲストバンドにもご期待いただきたいと思います。

 

 

さらっと、上記の内容に触れて、
前回のエントリーの続きを、と思っていたのですが、
これまた、少し長くなってしまいましたので、さらに持ち越し。

大した続きじゃないんだけど、なあ。

自分としても、書かれるべき内容が溜まっている状態は、気持ちが悪いので、
今度ばかりは早めに投稿したいと思います。

最初の”extra”は、9月9日、代々木 zher the zooにて、codomotona企画。
あら、今週末。
よろしくどうぞ。

The sentence remains the same…

人海戦術のマーチャンダイジング。

わたしのテントにおいでよツアーがスタートしました。
初日の渋谷O-CRESTに足を運んでくれた皆さん、どうもありがとう。

 

ライブに関して、ああだった、こうだった、というのも野暮なので、
今回はツアーグッズについて。

とはいえ、この行を書いている現時点では、宣伝のようにするつもりはないので、どうかこの先もお付き合いいただきたいと思います。

 

 

 

当然のことながら、この度、我々の初ツアーであり、初グッズです。

 

バンド名がTシャツに、タオルに、一枚、一枚と、印刷される度に、
世にT.S.R.T.Sグッズが生み出されていく、と思うと、とてもうれしい。

まだまだ知名度がない、その上バンド名が覚えづらいバンドとしては、
この、オフィシャルグッズが世に増えていく過程には、
とても実際的な喜びを感じます。

 

 

まあ、どなたかの手に渡っていかなければ、グッズたちに生まれてきた価値は与えてやれないのですが、
そういう、最初だからこそ感じることの出来る、感動を得ておりました。

 

先日のライブのMCでも言いましたが、
グッズのセールスポイントなんかを説明してみても、あんまり意味のないような気がしてしまうので、
実際に見てみて、いいぞ、という事になれば、お買い求めくださいませ。

 

 

 

 

 
という、あまりガツガツしないタイプの宣伝行為でした。

 

ちなみに、なにかを肉みながらもTシャツの、
お肉のドローイング、及び、文字は、Sato Kaoruというアーティストの作品です。

うまそうなやつ、描いていただきました。

 

 

また製作協力は、ぼくが物販を作るときには欠かせないパートナー、
ラッカさんです。

 

 
こうした、バンドと周りの方の力を結集したグッズたちを、
いいライブをして、そこら中に蒔くことも、我々の使命であります。

The sentence remains the same…

ほ と へ の間にあるもの。

さて、先日の投稿から、
かなり不意打ちで、我々のデビュー音源の発売がアナウンスされました。
ひとまず、このブログでも。

T.S.R.T.S 1st mini album「CAMP」 
2012.07.18 release

CAMP。キャンプって言う作品です。

でもって、リリースツアーも廻ります。その名も、
〜わたしのテントにおいでよツアー〜

おそらく当日、ライブハウスにお肉の匂いが立ちこめている事はありませんが、
ぜひ我々のテントにおいでくださいませ。

わくわく。

 

 

こういうタイミングの投稿って、とても難しいもので、
まだ何も知らない音や言葉を、出ますよーって言われても、
ほえ〜、としか言えないと思います。

ぼくも逆の立場であれば、言っていると思います。

最近では当たり前の、先行試聴とか、PVがあったりすれば、
少しは、ほえ〜、が、へえ〜、に近づくのかも知れませんが、
今のところ、どちらもないので、きれいに「ほ」の発音で大丈夫です。

沢山のほえ〜、があるとうれしいです。

 

そして、日常を過ごしている中で、
思わず、ほえ〜と口にしてしまう事柄がありましたら、
そのときには、こっちで漏らした、ほえ〜も思い出してみてください。

 

さあ、かつて無いレベルのくだらないブログになってしまいました。

 

ともあれ、発売はぼくらも楽しみ。
皆さんの笑顔が見たいです。

 

 

最後になりましたが、先日のライブにお越しくださいました皆さん、
ありがとうございました。
もちろん、グドモ、ランク、クレストも。とても楽しかったです。

The sentence remains the same…

雷が鳴ったらブログを書こう。

オフィシャルHPで、トツの弾き語りでのイベントが追加されました。
6月は3本のイベントに参加するようです。
きっと、ライブでは披露した事がないけど、この前レコーディングした新曲をお披露目するはずだから、ぜひお越し下さいませ。

あと、しょうたろうも、正式メンバーであるもう一つのバンド、Dirty Old Menのツアーが今月末から始まるので、各所で元気にプレイしてくる事でしょう。こちらも是非。
ついでに、全国でこっちのフライヤーも撒いてきてもらおう。

ちゃんりえは、ナゾに包まれている設定なので、お教えできないし、実際のところ、把握できてもいません。

そして、ぼくはといえば、歌詞を書いたりとか、かな。
わからないけど、そうであるといい。

 

先日、28歳の誕生日を迎えて(お祝いの言葉をありがとう)、
改めて、歌詞を書いたりして生活している自分に驚きと、幸せを感じている次第です。
歳を重ねることには、年々無関心になっていく気がするけど、今年はいろいろと忘れられない年になりそう。

 

もうすぐ、レコーディングした曲たちの行方も発表できると思うし、
ツアーとか物販とか、楽しそうなワードがHPに並ぶと思います。

ちょっとフライングだけど、新譜のために考えたコンセプトみたいなものがあるので、発表という程、たいそうなものではないけれど、発表してしまおう。

 

 
“男と女。甘さとヘヴィネス。爆発するような歓びを讃えながら、
力を合わせて果たす、楽しい計画。We are T.S.R.T.S”

 

なかなか難しいとは思いますが、どんなものか、想像しながら待っていてもらえたら嬉しいです。

それでは。

The sentence remains the same…

がんばれ。

続いて、
本格的な歌の録音は、おそらく初めてであろう、ちゃんりえです。

完全なる緊張の面持ち。

 

 

怯えています。

 

 

産毛。

 

そんなちゃんりえを応援するべく、怯えた写真をGIFで繋げる事でファニーにする人。
(PCでしか見れないかもです。)

がんばれ、ちゃんりえ。

 

ただ、いざ歌ってみると、堂々として、いい歌うたってます。

うん、いいぞ。

The sentence remains the same…

アッパー。

レコーディングが終盤にさしかかると、
楽器隊はやる事がなくなってくるものです。

そんなときブログがあると良い。
写真を撮って、アップする人。

我々はこんな様子で作品を作っております、よ。
ふざけてばかりではありません。

 

これ、レコーディングしてるっぽいでしょう。

 

反対に、終盤こそ勝負なトツ。

 

 

まだ余裕がある様子。

 

このあとも隙を見つけてアップします。

後ほどー。

The sentence remains the same…

始まる。

始まってます、レコーディング。


 

昨日から、一日半でドラムを録り終えたしょうたろう。優秀。

ブレブレ。撮影はぼくではありません。

 

急に真剣になったりする、ちゃんりえ。

 

出番はまだなのに、連日ナゾの不眠に悩む二人。

 

現在、ちゃんりゑ奮闘中。続いて、ギターとボーカル。
まだまだ先は長いぞー。

The sentence remains the same…

自己評価。

週末から、レコーディングスタジオにて、録音していきます。

相変わらずのバタバタぶりなので、
そういう頭の整理も兼ねて、ブログを書く。書く人。

制作の現状、
曲: 出揃ってます。(当然)
詞: もうちょっとで全て完成。(作詞は遅れがちな作業なので、まあまあ優秀)
アレンジ: 出来てる。(これはすばらしい)
録音する音作りの想定: 大体。(良くも悪くも、現場派の人が多いバンド)
メンバーのモチベーション: 良好。(たぶんね)

 

 

こんな事、だれが知りたいんだろう。

 

そして別段伝えたいわけでもないんだけど、
T.S.R.T.Sは、概ね真面目である、という結論が出たところで、
まったく頭の整理にはなりませんでした。

 

話は変わって、
その頃にはもうレコーディングを終えているだろう6月に、ライブが決まりました。グッドモーニングアメリカのリリースパーティーに参加します。

詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。
あっちにリンクが貼ってあります。

レコーディングを経た我々は、なかなかいい気分でライブするんだと思います。

 

それでは。

The sentence remains the same…